障害者雇用情報.com
身体障害者の雇用状況をはかなり厳しい状態です。 しかしいろんな機関などが支援し徐々にですが理解のある世の中になってきています。 そこで障害者雇用支援機構の紹介と雇用について色々と調べてみました。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

2007年11月07日

障害者職業総合センター研究部門

障害者職業総合センター研究部門では、職業リハビリテーションサービスの基盤整備を目的とし、障害者雇用に関する研究・調査・開発、情報の収集・提供を行っています。

* 障害者職業総合センター研究部門ホームページ

障害者職業総合センターの写真
1 障害者・事業主のニーズを踏まえた研究開発

  地域障害者職業センター等の施設や、教育・福祉期間等のニーズを踏まえつつ、職業リハビリテーションや障害者雇用施策に関連する次のような研究を行っています。

(1)多様な障害に対応した職業リハビリテーション技法の研究・開発
  多様な障害の職業的特性の解明及び、それに対応した職業評価、職業指導、カウンセリング、職業能力開発等に係る職業リハビリテーション技法の研究・開発。

(2)事業主に対する効果的な支援方法に関する研究
  職域拡大、雇用管理、作業環境の改善等の具体的方法や、ジョブコーチの活用による支援など事業主に対する支援方法の研究。障害者の雇用拡大に役立つ就労支援機器やソフトウェアの研究・開発。

(3)障害者の就労を支える社会的基盤の整備に関する研究
  職リハ関係機関、公共職業安定所、医療・教育・福祉関係機関等の連携のあり方についての研究。その基盤となる総合的な職リハ情報提供システムの開発。障害者雇用に関する制度・施策に関する研究。
2 研究成果の活用

 研究の成果については、調査研究報告書、資料シリーズ等の刊行物を関係施設、行政機関、事業主等に広く配布するほか、検査ツール・訓練教材等を作成し、職業リハビリテーション関係機関等に提供しています。また、開発した就労支援機器等はメーカー等の協力を得て市販化しています。

「独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構」より 
詳しくはサイトトップのリンクページよりご覧下さい。
posted by 障害者雇用情報.com at 14:51| 障害者職業総合センター研究部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。